相性を知りたい相手の情報はある程度必要

あなたには占いで相性を占って欲しい人がいますか?
両想いの人でも片想いの人でも好きな相手と自分の相性がいいのかどうか気になりますよね。
両想いの人なら相性を占う相手の事はよく知っているので相手の事を聞かれても答えられるはずです。
しかし片想いの人であればあまりに相手の情報が少なすぎると相性占いをする事が出来ません。

例えばいつも通勤電車で一緒になるが気になっていて、思い切って声をかけたいけれどこの人と自分は上手くいくのでしょうか?
なんて言われても占い師も困るでしょう。相手の生年月日や血液型、また占い師によっては相手の写真がある方が占いやすいという人もいるのです。
何も情報がなければあなた自身の恋愛運がいい時に声をかけると上手くいきやすいとアドバイスが出来ても相性までは判断出来ません。
せめて声をかけて名前や生年月日、血液型ぐらいのプロフィールを知ってから相性占いをしてもらいましょう。

また相性占いは人に対してだけと思っている人もいるのではないでしょうか?
しかし実は相性とは人だけでなく、方角などの相性も存在するのです。
例えば引っ越しした途端にどうも嫌な事が続くというのであれば引っ越し先とあなたの相性が悪い場合があります。
そのまま住み続けると健康を害してしまったり、家族が不幸になる事もあるので出来れば家を買う時などは一度占い師に相談して見る事をお勧めしたいと思います。

それに仕事だって適性や天職という言葉を使われる事が多いですが、いってみれば相性の問題ですよね。
自分と相性のいい仕事かそうでないのか相性がよければ能力を発揮しやすいというわけです。

Copyright© 2015 占いサイトで人生さがし All Rights Reserved.